詩・散文などの埋葬地です。時々行楽の記録もうろうろ・・

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2015-01-21 Wed 18:34
某賞二次選考通過のち討死作品 その①
「 失郷 」

故郷を離れる寂しさよりも
故郷が私から離れてゆく寂しさは
いっそう勝るものがある
久方ぶりの故郷は
姓が変わり
見違えて女になった幼馴染の娘のごとき
よそよそしさと触れがたさを
その身に纏っていた

私は周章し 辺りを徘徊する
群れから放逐された狼のように
連れ合いを奪われた牡鹿のように
不穏な鼓動と同じ速さで鼻をひくつかせながら
嗅ぎ慣れたぬくもりを探して
蹌踉とさまよう

私の故郷は何処へ行ったか
私の故郷は
誰かが小脇に抱えて走り去ったか
何かが日の差さぬ場所へと追い遣ったか
あるいは
見初められるまま福家へと嫁ぎ
養われて在るのか
食うや食わずに耐えかねた末に…

懐かしい人人を置き去りにして
私を捨てて
今は誰にその身を委ねているか
見知らぬ瀟洒な女の姿に
かける言葉を失する
スポンサーサイト
別窓 | ほうむられたものたち | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<某賞二次選考通過のち討死作品 その② | 墓地オンライン | 安眠の儀式>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 墓地オンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。