詩・散文などの埋葬地です。時々行楽の記録もうろうろ・・

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-07-03 Thu 20:21
「これから」の重量で人は圧死し得る
スキップで道路を渡る少女の影を浮かばせ
初春の残陽がもったいをつけて落ちる
土に触れたい願望で昔を恋う青年の
みじめな足元をますます温めるために

明日がまたくるのか
定食屋には新しいガスボンベが運ばれ
自転車の籠に袋一杯の食材を載せた女が
ペダルを軋ませて行く

青年は生来
贈り物の包装を破かぬよう配慮する質であったから
彼はこの日も
街の屋根々々が色あせるのを見守る防人であった
星が出るまで
知己の顔を思い浮かべては数え
小さな飴の一かけを口にして
汚泥のような寝床を延べて眠る

この町では犬の遠吠えも響かぬ
幸いかもしれぬ静けさが夜にはあった
太鼓腹の男のくぐもった鼾も
ぶたれた少年の醜い痣も
包摂して 夜は美しい均衡を保つのだ
誰かが噛んでずたぼろにした親指の爪も
その一部でしかない

やがて淡い昇陽に星々が敗れゆく頃
日に日に傾斜を増す坂道を 再び青年が行く
横断歩道を斜めに歩んでみても
決して変わることのない道幅

死が遠すぎて喘息するのだ 
革靴を履きこなしてもなお
彼はまだ若さを患っている
スポンサーサイト
別窓 | まだ死んではいない何か(習作) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<安眠の儀式 | 墓地オンライン | 『進撃の巨人』13巻 嘘予告 「J-POP地獄編」によせて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 墓地オンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。