詩・散文などの埋葬地です。時々行楽の記録もうろうろ・・

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-06-15 Sun 15:02
『進撃の巨人』13巻 嘘予告 「J-POP地獄編」によせて
『進撃の巨人』13巻を読みました。
個人的にはこれまでの巻の中でトップ3に入る読み応えでした。
今まで見えていなかった色々な謎の断片がガンガン明らかになってきたり、情勢が畳み掛けるようにに動き始めた感がします。
巨人vs人間はもちろん読んでいてヒートアップするシーンですが、13巻を通して見られたような、人間同士の勢力の攻防も、表面上静かながら、非常に手に汗握る展開でとても好きです。

そして『進撃の巨人』の巻末にある、あの「嘘予告」も私は大好物なのですが、13巻の「J-POP地獄編」はヤバかった… アレ分かる…何か上手く言えないけど分かる…

そんな「あるある感」に大変な爆笑感銘を受けて、思わず書き上がった詩が以下の物です。
あのノリに私もうまくノリたい、そんな一心でざざっと一筆。

-------------------

『夢は叶うよ』

夢は いつかは叶うよ
辛抱強く しぶとく追い続けていれば
いつか、いくつかはね

夢という言葉に
斜(ハス)になってしまわずにいられればね

たった一つの あるいはささやかないくつもの夢を
追うことに疲れずにいられればね

いつか夢が叶うのが夢だ なんて
馬鹿みたいなこと ずうっと信じていられるならね

歳月とにらめっこし 自分と罵り合って
それでもへし折られずにい続けられたなら

芽吹くものはある
何かが
いくつかは
いつか

しかし
必ず
スポンサーサイト
別窓 | まだ死んではいない何か(習作) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「これから」の重量で人は圧死し得る | 墓地オンライン | 京都府立植物園へ行った時のこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 墓地オンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。