詩・散文などの埋葬地です。時々行楽の記録もうろうろ・・

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-05-26 Mon 20:01
初夏の青い詩キャンペーン ④
『無題』

わたしはわたしが大きくなったことをかなしむつもりはないが
どうしてわたしはあのころのやわらかいりんかくをなくしてしまったのかと
むしょうにかなしくなることがある
わたしが大きくなることはさいわいなことにとてもかんたんであったが
わたしがあのころのやわらかさをとりもどすことはおそろしくむつかしい
わたしはわたしのとがったあごさきをおっかなびっくりなでながら
ふれるゆびさきにやさしさのかんじえぬことをなげきながらもあきらめるのである
まことにせつないことだ

-------------------

記憶が確かであれば、これも大学時代に書きちらした物です。
キャンペーン①番の詩と見比べてみるとなかなか面白い。
・「幼さを懐かしむ印象を出したい」とかいう意図を込めて書いたであろうことを考慮しても、文章力が退化しているように見えてならない。
・子供時代「はよ大人になりたい」⇔成人後:「なんでこうなってしもたん」 
  ⇒結局どうしたいんや
スポンサーサイト
別窓 | まだ死んではいない何か(習作) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 墓地オンライン | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。