詩・散文などの埋葬地です。時々行楽の記録もうろうろ・・

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-09-02 Thu 20:34
つまり大人になった
活き活きとしたパラドックスをそのようなものとしてすっかり受け入れられる時、それを矛盾と呼んで苦しんだ時間の分だけ、歪さが胸の礎石に馴染みきった瞬間に、ほっと吐く息は深い。それからようやく気づくのは、辺りを何かが激しくのたうった跡であるが、痛みも嗚咽ももはや過去のものと化したのだ。開いた視界の物見櫓となって一人ここに立つ幸せ。たとえ飲み込んだ何かの分だけ胸は多少重かろうとも、それをも抱えて歩んで行けようと思うくらいには。
スポンサーサイト
別窓 | まだ死んではいない何か(習作) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 墓地オンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。